イベント/スポット/アーティスト登録はこちらから→

静岡ミュージックモール Beatfull【ビートフル】

Today
Login

INTERVIEW

2016/03/07 更新

遠藤貴志  GOOFY’S HOLIDAY20周年 インタビュー

 

「ライブハウスはこうあるべきだっていうのは僕はないです。逆に壊していいと思ってます」

 

__その楽しいモノがある場所の1つとしてライブハウスがあると思うんですけど、実際、沼津Quarsを経営していて、自分の中のライブハウス像というのはありますか?

 

「この人達なら2000円払えるな」とか対価を払ってきてくれるお客さんに、その分だけ満足して帰ってもらうのが、アーティストやお店の最低限の命題だと思ってる。その為には、アーテ ィストと密接な関係を作りたい。お店に対しても「受付の態度が悪い」とかバンバン意見を言ってもらいたいし、こっちも 「そのライブじゃお客さん満足出来ないでしょ」ってことも言って、一緒に高まっていくのがライブハウスだと思う。そうじゃないとカルチャーは潰えるよね。場所貸して「はい、お金下さい」だと、それ以上のものは生まれない。もともと沼津って、アーティストが寄る理由が無いわけ。静岡にはタワレコがあったり、浜松の方が人口が多いから。それでも、ここを選んで来てくれる人達に何か返したいなと思って。それを何かの形で持って帰ってもらえるように、僕たちはベストを目指して動いてるかな。でも、これをビジネスにするのは俺には向いてないと思う。地方のライブハウスって本当に儲からないよ(笑)。ライブハウス自体に固執してないから何とかやっていけてるのかも。

 

__固執してないというのは運営面でもそうですか?最近は、ここ(Quars)でご飯を食べるという「土鍋でご飯」とかやってますよね。

 

そう。本当に美味しいんだよ(笑)。だから、ライブハウスはこうあるべきだっていうのは僕はないです。逆に壊していいと思ってます。今年からBAR営業も始めたし。有名なアーティストを呼んでお客さんが入って盛り上がっても、それって短期的なお客さんなわけ。それじゃ、やっていけないの。極端な話し、BAR営業でお店が回るようになれば「箱代いらないよ、好きなことだから」て言えるの。だから、ビジネスから離れたいからこそ、ちゃんとビジネスしないといけないなと思う。心動くものにしかみんなお金払わないからさ。それはバンドに限らないと思ってて。ここで何かをやることで周りに伝染していったらいいなと思ってる。

 

__実際問題、バンド・シーンはどうですか?

 

減ってると思うよ。頭いいもん今の子達。こんなもんでご飯食べていけないって分かってるから。 あとは、バカたれというか跳ねっ返りというか 「長いもんには巻かれねーぜ」みたいな面白い奴も減ったかな。跳ね返らなくてもいいから孤高であってほしい。たまに面白い奴もでてくるけど、その数は減ってるかな。やっぱ音楽の世界って職人の世界みたいなもんだから、浪花節って切っても切れないと思うんだけどね。ある程度の縦社会を意識しながら楽しむってことが今の子達はヘタなのかな?

 

__社会全体もそういう傾向はあるような気がしますが。

 

良かれ悪かれ合理主義。損得じゃないところで動いたものが結果、得をするんじゃないかって気がするんだけどね。というのを彼らに知ってもらいたいね。

 

__そうした現状をみてて、音楽シーンにしろ、ライブハウスにしてもどうなっていくと思いますか?

 

盛り下がりはしても、盛り上がることは無いと思うよ。単純に少子高齢化だから。一時的に一つのジャンルが流行ったとしても、転がりながら下がっていくと思う。ただ、絶対無くなることはないし、あり方が変わっていくんだと思う。それからよく言われることだけど、やっぱりインター ネットやSNSの普及で、誰でも曲が手に入れられるし、自分の楽曲を発信するのも簡単になった、という面もあるしね。・・・・でも食べていきたい人なら時代の流れにはある程度乗ってかなきゃならない面もあるだろうし。だから、どうなっていくかわかんないけど、最終的にはもう「みんな好きなことをやったらいいじゃん」って思ってるんだけどね。

 

IMG_3303

 

「早く辞められたら嬉しいなと思う」本当にやりきったらバンドを辞めるかも?今後のビジョンとは。

 

__最後になりますが、遠藤さん自身は今後の目標だったり、何かビジョンをお持ちですか?

 

そうだね。ちょっと難しいことばっかり話しちゃったし、たまには夢とか語ろうかな?(笑)。やりたいなと思ってるのは、子供の為になる事とか。そんな大きな話しじゃなくても、不遇な環境で育った子供達の為に出来ることって何かないかなって考えてて、そういうことをやりたい。あとは、何か事業をやって、夢を目指してたけど芽が出なかった人達が就職できる所を作りたい。「最後は遠藤さんところで雇ってもらえばいいや」って。そしたら目一杯、夢に向かって頑張れるじゃん。ただね、ろくな奴が来なさそうっていう(笑)。アイデアがある奴っていっぱいいるからさ。そういう人達の力になれたらいいなと思うんだけど、まだ僕に力がないので、逆に誰か僕に力を貸して下さい(笑)。

 

__ミュージシャン、バンドマンとしては?

 

変わらず継続。今年中(2016年)にアルバムを出したいなと思ってます。だけど、継続が目標じゃなくて、早く終わりたいかな。「ウワー、これ 以上の物はできねーよ」てやりきったときか、バンド以上に楽しい事が見つかれば辞めると思うから。だから、早く辞められたら嬉しいなと思う。
まだ満足してないので。



 

ライブ情報

GOOFY’S HOLIDAY主催 沼津Quars4周年ライブ

4月2日(土)@沼津Quars

出演:GOOFY’S HOLIDAY、THE STARBEMS、THE NO EAR

 

GOOFY’S HOLIDAY オフィシャルサイト

沼津 Quars オフィシャルサイト

organicstyle

boshuu3

 

NEW INTERVIEW

新着インタビュー

2018/06/11 更新

BOOGIE MASONビートアルバム『SOUVENIR』リリース、インタビュー

  静岡唯一のビートミュージックレーベル...

2017/03/22 更新

K-mix HIPHOP RADIO SHOW “THE FRESH” インタビュー

  『K-mix HIPHOP RADI...

2017/01/17 更新

FILM LOUNGE APARTMENT / BOOGIE MASON インタビュー

  2016年3月、静岡にビートミュージ...

2016/11/20 更新

「MaCWORRY HILLBILLIES」インタビュー

  静岡のお祭りジャグバンド「MaCWO...

2016/10/07 更新

DJ YOU-KI インタビュー「Red Bull Thre3Style 2016 日本チャンピオン」

  地元・御殿場を盛り上げる事にこだわり...

ページトップへ戻る