イベント/スポット/アーティスト登録はこちらから→

静岡ミュージックモール Beatfull【ビートフル】

Today
Login

INTERVIEW

2015/09/18 更新

PAPA U-Gee ×CGE ZA FARMER(O-RICH LABEL) アジアの音楽シーンについてインタビュー

日本にいる外国人に喜ばれるプレイをするように努力していかなきゃいけない。じゃないとどんどん取り残されていくよ。(PAPA U-Gee


_たくさんの国と密接に関わっている U-Gee さんから見て、アジアのクラブと日本のクラブとの違いはありますか?

 

PAPA U-Gee:どこ行ってもお客さんがインターナショナル。日本は、日本人だけでしか遊んでねーじゃん?だけど向こうは色んな人種が混ざってるから楽しいし、やりがいがあるよね。日本のこと悪いと思ってるわけじゃないけど。日本に求めるものは、アーティスト側が日本にいる外国人に喜ばれるプレイをするように努力していかなきゃいけないってこと。じゃないとどんどん取り残されていくよ。こんなの日本だけだし。中国でも来てる部族が色々違ったり、すっごいディープなダブでも外国人が多いからめちゃくちゃ盛り上がるんだよ。

CGE:すごいっすね。中国にはそういうイメージなかったな。

PAPA U-Gee:俺もそうだったよ。とにかく日本以外のアジアはハプニングだらけ。そのハプニングに対処できない奴は行けないよ。それだけは言っとく。

CGE:基本、ストリートは刺激的なものだと思うんですけど、ストリートこそおもしろいのにアジアにいってもそこを経験しない人が多くてもったいないなと思いますね。

PAPA U-Gee:そうだね。俺 Facebook とか気持ち良さそうなところばかりのせてて自慢だと思われるかもしれないが、それを見て行ってみたいと思ってくれる人が増えたらいいなと思って。ジャマイカに住んでた時もそうだけど、次の人達が行きやすくなってくれたらいいなって意識がずっとある。

CGE::道しるべ的な。

 

papaugee-cge3

 

音楽で人と出会って繋がることが、すげぇ楽しみなんだよね。歳なんて関係ねぇ!一生音楽の旅なんだ。PAPA U-Gee)


_こういう言い方が合ってるのかわからないですけど、音楽で食べていけるもんなんですか?

 

PAPA U-Gee:食えてるよ。俺は家族が食えていければよくて、別にそれ以上稼ごうなんて思ってない。ほんとだったら全てノーギャラでやりたいくらいだけど、生活があるからね。“音楽で食ってる”って表現もあまり好きじゃなくて、お客さんが俺に投資してくれてるんだっていう気持ちだよね。今ひとりでツアー廻ってんだけど、マネージャーとかもいらない、そのおかげで行けるんだって思うね。

CGE:基本は、ひとりで向かって現地のバンドと一緒にやるような感じなんですか? 

PAPA U-Gee:そうだね。現地でバンドリハする。中国の雲南省行ったときなんて、一ヶ月くらい前にやりたい曲を渡しといたんだけど誰一人やってねえ(笑)。 

CGE:あはははは!すっごいですね。

PAPA U-Gee:日本人のアーティストなら怒る奴いっぱいいると思うけど、俺は怒んないよ。俺が怒ったらそこですべて終わっちゃうから。そこから頭を切り替えるんだ。

 

_アジアで活動するのも大変なことですね。

 

PAPA U-Gee:でも、アジア各国で活躍してる日本人がいてくれるからやりやすいよ。彼らが地元の奴らとうまくやってくれてるのはデカイよ。あと俺はあっちこっち一人で色んなとこ行ってるから、「あの人ひとりで活動してるんだ」って思われて他のアジアも呼びやすいんじゃない(笑)。日本は世界でもすっげー早くレゲエを取り入れたし、ボブマーリーも来たし、そういう意味では日本の音楽シーンってアジアで注目されてるから頑張りたいね。

CGE:たくさんまわってるから現地の人も「おかえり〜」って感じっすよね。

PAPA U-Gee:そうだね。最高の人生を過ごさせてもらってる。音楽で人と出会って繋がることが、すげぇ楽しみなんだよね。俺は 40 代後半になるけど、どんどん面白くなってきてる。歳なんて関係ねぇ!一生音楽の旅なんだ。それを続けることが、自分から若い世代へのメッセージでもあるんだ。

 

_お二人はこの先やりたいことはありますか?

 

PAPA U-Gee:やりたいことはありすぎるけど、アジアで出会った人達と作品つくったり、彼らを日本に呼んだりしたい。だけど俺はプロモーターじゃないから、例えばだけど静岡県がバックアップしてくれたらドーンとやれるよな。台湾のフェスみたいに。ジャマイカとか遠くから呼ぶんじゃなくても、中国とか近くのアジアから呼んで楽しみたいし、自分の得意分野の中で他の国の衆と繋がって平和を築いていきたい。そういう意味で、すでに他のアジアからのバンドを招待している「橋の下世界音楽祭」(愛知県豊田市で開催されている音楽祭)はとても素晴らしいと思う。 色んな部族がきてて。

CGE:僕はもっとアジアの DJ を見たいですね。ちゃんとアジアのシーンを学んで、楽しんで、その波を日本にもってこれたらなと思います。もうアジアのどっかに住みたい(笑)。あと、タイの「ガピ」がすごく良いんで呼びたいですね。

PAPA U-Gee:タイのガピとはいい友達で 今一緒に曲作ってるよ。

 

_では最後に、アジアで観光でも音楽でもここ行ったらおもしろいって場所を教えて下さい。

 

PAPA U-Gee:旅に行くなら中国雲南省、フィリピンの田舎。あとクラブならフィリピンマニラのB-Sideで毎週日曜やってるIRIE SUNDAY。あそこは最高!日曜はレゲエだけど、他の曜日はロックやったり色々やってるからオールジャンルの人も楽しめるよ。女の子もかわいい!

CGE:そう!女の子がみんなイケてるんすよ!入口もオシャレで食べ物屋もあって衝撃ですよ。俺ベトナムに行ってみたいな。アジア各国に行って、現地での出会いが広がっていくのが良いですよね。今回もカリフをU-Geeさんが繋げてくれて、それを静岡から発信できたっていうのがすごく嬉しいんです。

PAPA U-Gee:そうそう!何度も言うけど俺も繋げたいんだ。カリフも日本でリリースされたらツアーもできるし、そういう広がりをね。

 

 



 

Caliph8ジャパンツアー

 

  • 10/16(金) 東京
  • 10/17(土) 沼津calle5411 出演:Big Answer Sound 、PAPA U-Gee,
  • 10/18(日) 静岡 ワンブラッド 出演:Big answer sound、PAPA U-Gee、ICHIYA、ピーチ岩崎
  • 10/23(金) 京都・Octave(ex.Black Boxxx)
  • 12/24(土) 大阪・Night Wax

 

リリース情報

kj-p2panel

PAPA U-Gee meets Beni Mshene / 『Island Jazz』


発売日:2015/07/20 発売元:KITEKI MUZIK
品番: 価格:¥1,500(税込み)

【TRUCK LIST】

  1. Connection
  2. A Walk
  3. OH Mama
  4. Rootz
  5. 焼津港 Yaizuko

今年でPAPA U-Geeとして作品を出してから数え25周年になります。
最近は他のアジアでも活動するようになりました。台湾から始まり、そのきっかけをつくってくれたミュージシャン「Bushman Masui」と作品を作りました。Island Jazzというタイトルです。
沖縄在住、沖縄生まれのミュージシャンからなる、名護を拠点に活動しているバンドBeni Mshenzeのアイランドジャズに、今まで歌った曲の中から、自分の好きな曲をピックアップして歌っています。
録音は名護にあるBeni手作りのスタジオで、4トラックのカセットテープMTRで録りました。
今までの録音は、きれいにクリアにっていうところを意識してきましたが、今回は全く違います。
あえて昔ながらの原点に戻った録音形式で、音はHI-FiではなくLo-Fiです。
ジャケットの絵はいつも描いてくれているKads MIIDAさんが手がけてくれています。
アートと音楽のコラボレーション、是非多くの人に聴いて欲しいです。

 

予約、購入

基本的にライブでの手売りとなりますが、通販もできます。

購入先&お問い合わせkitekistudio@yahoo.co.jp

 

[SHOP]

・新屋食堂アヤナイ
静岡県焼津市本町1-4-13
054-629-7363

・SARAEBO STORE (サラエボ ストア )
静岡県沼津市添地町105
055-946-5556

organicstyle

boshuu3

 

NEW INTERVIEW

新着インタビュー

2018/06/11 更新

BOOGIE MASONビートアルバム『SOUVENIR』リリース、インタビュー

  静岡唯一のビートミュージックレーベル...

2017/03/22 更新

K-mix HIPHOP RADIO SHOW “THE FRESH” インタビュー

  『K-mix HIPHOP RADI...

2017/01/17 更新

FILM LOUNGE APARTMENT / BOOGIE MASON インタビュー

  2016年3月、静岡にビートミュージ...

2016/11/20 更新

「MaCWORRY HILLBILLIES」インタビュー

  静岡のお祭りジャグバンド「MaCWO...

2016/10/07 更新

DJ YOU-KI インタビュー「Red Bull Thre3Style 2016 日本チャンピオン」

  地元・御殿場を盛り上げる事にこだわり...

ページトップへ戻る