イベント/スポット/アーティスト登録はこちらから→

静岡ミュージックモール Beatfull【ビートフル】

Today
Login

REPORT

2014/08/09 更新

『怒髪天』 @ 浜松メスカリンドライブ レポート

2014年7月27日(日)怒髪天LIVE @ 浜松・メスカリンドライブ。

ライブ開始前から会場全体が異様な熱気に包まれ、まさに熱(アツ)・暑・圧で始まった『怒髪天。おかげさまで30周年。47都道府県勝手にお礼参りツアー“いや、なんも、おかえしだって”』浜松場所。

 

4月の京都を皮切りに本日36ヶ所目!7月のラストを飾るこの日、39度超えの最高気温を記録した岐阜の翌日という事もあり、メンバーの年齢を考えると若干の心配もあったが、ライブが始まってしまえばそんな心配どこ吹く風。1曲目から大盛上がり。

キャパ200にも満たないライブハウスの決して広くはないステージに立つ、増子直純(Vo) 上原子友康(G)清水泰次(B) 坂詰克彦(Dr)。

そしてこの4人が作り上げる唯一無二のR&E (リズム&演歌)。ノンストップで3曲を演奏し終えMCに。いつも感心するのは台本があるわけでもないのに、ご当地ネタ・時事ネタを織り混ぜて、更にメンバー同士の絶妙な掛け合い。そしてお約束、坂さん(Dr) いじり。(笑)

とにかくオーディエンスを飽きさせる事なく、もしかして自分達がいちばん楽しんでいるのでは?と思ってしまうほど。

バンド側があれだけ楽しそうなんだからオーディエンスが楽しくないワケがないっ!

 

7/27 怒髪天02.jpg

 

ライブでは、R&E (リズム&演歌)と銘打っているだけあって叙情的であり、ある程度の年齢ならばどこか懐かしくもあり心の隙間にスッと入り込んでくる歌詞を縦ノリのリズムにのせて会場を巻き込んでの大合唱。そしてその一体感を共有する心地良さ。

それは、今年1月に行われた武道館であろうがこのキャパ200未満のライブハウスであろうが区別なくバンドと観客の信頼関係と絶妙な距離感によって保たれ最高の空間を作りだす。

増子さん(Vo)が何処かで言っていたように「ライブとは会いに行くもんだ!」と言う言葉に象徴されるようにお互いが会いたくて会いたくてしかたがない言わば、相思相愛のカップルみたいなものだから、どこもかしこもステージとフロアがずっと見つめ合ってとにかくアツイ。

そんな愛に溢れた空気の中、昔からLIVEでお馴染みの曲や、4月に発売されたアルバム「男呼盛・紅」 からの新曲で構成された今回のステージ。後半の「地獄で会おうゼ!」 から「友として」 の流れではそれぞれ色々な思いがこみ上げて一瞬ウルっとキタ人も多いはず。

 

その後も「男呼盛・紅」 から清水さん(B)のソロ「ちょいと一杯のブルース」 上原子さん(G) のブルージーなアコギにのせて、ぐでんぐでん感満載。個人的に酒呑みな私はこの曲のユルユル、ダメダメさが大好き。スライドホイッスルの掛け合いもなんだかかわいい。

 

7/27 怒髪天10.jpg

 

ソロコーナーも終わり、再び増子さん登場。会場のテンションはまた一気にアガりグイグイ引っ張られてラストまで全力疾走。

アンコールでは、最後のパワーを振り絞り煽る増子さん。怒濤のウネリの中、男・増子直純のオーディエンスを気遣ったふんわりダイブはすぐにステージに戻されてしまったが、優しくふんわりな柔軟剤のようなダイブが人となりを表しているようだった。

アンコール曲も全て終了し、メンバー全員で天井の梁にぶら下がりフロア半分位まで身をのりだし端から端までハイタッチ!

こんなことされたら絶対にまた会いにきてしまう。
増子さんの忘れられない一言が聞きたくてまたライブに足を運んでしまう。

 

7/27 怒髪天28.jpg

 

 

歳を重ね、何かを諦めたり、見えない所にしまいこんでしまったり、疑問を感じたり、行き詰まったりでうまくいかない時、そんな時こそ怒髪天を聴いてみて下さい。

音楽が大好きだったはずなのに”忙しい”を言い訳に忘れそうになってしまったら怒髪天、聴いてみて下さい。

心地良いダミ声で激しく優しく包み、後押ししてくれるはず。

そして、是非一度ライブ会場に足を運んでみて下さい。
きっと明日が楽しくなるはず。

 

会いに行けるオッサン。それが怒髪天です。

 

Text : Hikari    Photo : Masao Sugiyama


 

Photo Gallery

 

organicstyle

boshuu3

 

NEW REPORT

新着レポート

2016/09/12 更新

freeShelter2016 @ハートランド朝霧

野外音楽フェスFreeShelter2016が7月16日(土)・...

2016/06/30 更新

頂-ITADAKI-2016 @吉田公園 レポート&スナップ

音楽と、太陽と、風と、緑が濃い2日間、野外音楽フェス「頂-ITA...

2016/06/01 更新

青空camp2016 @ハートランド朝霧

音楽とキャンプを楽しむフェス「青空camp」が5月14日(土)、...

2016/05/15 更新

RAINBOW DISCO CLUB 2016 @東伊豆クロスカントリー

「今年もRDCの季節がやってきた」 筆者の周りの静岡在住ダ...

2016/04/08 更新

FEVER OF SHIZUOKA SECRET HOTEL @ホテルテトラリゾート静岡やいづ

またもや静岡のロックバンドTHE WEMMERがやらかした。今度...

ページトップへ戻る